杉並三田会ホームページ
趣味のコーナー

                                                                        ]       
  会員趣味のコーナー   
 作品をクリックすると拡大されます
 
                        <絵画>           令和 2年 5月
豪徳寺
 (水彩画 F4)
紅葉の新宿御苑池  
 (水彩画 F4)
赤坂プリンスホテル
クラシックハウス 
 (水彩画 F4)
 
     松野幸子 (S42 文)
 
<写真 >    
「小豆島、しまなみ6島のバス旅行」  
 
     
リーブ園の「ギリシャ風車」
 (小豆島)
「24の瞳」の舞台になった
「岬の分教場」
(小豆島) 
「来島海峡大橋」
(しまなみ海道)
 
足立 英一( S40 商 ) 

 
                        <絵画>           令和 2年 4月
散歩道(武者小路実篤公園)
 (水彩画 F4)
秋来たる(品川・汐の公園)  
 (水彩画 F4)
マツカサ  
 (水彩画 F4)
 
     深堀 博義 (S40 商)
 
<写真 >    
「文化大革命の頃の中国にて(続編)」  
 
   
 
前回は北京近郊での写真でしたが、
今回は延安郊外で出会った羊飼いの少年のスナップ写真です。
遥か忘却の彼方、夢の中のような思い出です。(撮影日1971.8.25)
 
瀬川 隆二( S47 法 ) 

 
                        <絵画>           令和 2年 3月
郷土の森 
 (水彩画 F4)
豪徳寺  
 (水彩画 F3)
浴風会  
 (水彩画 F4)
     橋 紘一(S43 法)
 
<写真 >    
春の武蔵野・国分寺      
     
       
武蔵野の農家   藻をついばむカルガモ 春のあかね雲
     
久保田 宏( S46 工 ) 

 
                        <絵画>           令和 2年 2月
夕 照 
 (P8 アクリル)
佐渡沖 
 (F4 アクリル)
利尻島 
 (P8 アクリル)
     
     近江岸 敏明 (S49 商)
 
<写真 >    
     
       
大き過ぎちゃった! 
 
 春爛漫 タナゴの学校

稲城の散歩道にて     
我が家の近くに流れる三沢川脇の散歩道で見受けた様々な光景     
     
武藤 隆二郎( S42 工 )
 
     

     
                        <絵画>           令和 2年 1月
代官山のカフェ 
(水彩 F6)

浴風園本館(西側から)
(水彩F4)
旧前田侯爵邸洋館 
(水彩F6)
     
     本間 博 (S37文)
 
<写真 >    
バスク聖地巡礼への道    
     
       
サンセバスチャンの
港に落ちる夕陽と雲

 
巡礼の道 道標 奇跡の泉ルルドと雲

     
前田 昌信( S35 工 )
 
     

     
                        <絵画>           令和 元 年12月
等々力渓谷ゴルフ橋 
 (油彩 P10)
スノボ少年
  (油彩 P10
高原の朝
  (油彩 P10)
     
     曽我一紀   (S38法)
 
<写真 >    
北陸の初冬風景(令和元年.11.14〜16)     
     
       
「那谷寺(なたでら)の紅葉」   「東尋坊に打ち寄せる荒波」 「永平寺の黄葉」
 (石川県)    (福井県)   (福井県)      
白山信仰、開創千三百年
と言われる寺。
芭蕉の句
「石山の石より白し
秋の風」の石碑もある。
奇岩遊仙境の紅葉が見事だった。
柱状節理の岩に、日本海
から打ち寄せる白い荒波は、
見ていて恐ろしいほどの
迫力だった。
訪れたのは、ちょうど
大嘗祭の終わった日。
厳粛な気持ちで、
曹洞宗大本山の七堂伽藍を巡った。黄葉が青空に映えていた


     
井上 清彦 ( S41 経 )
 
     

     
                        <絵画>           令和元年 11月
四万六千日 
 (水彩画 53p×39p)

蓮    
  (日本画 F4)
小菊   
  (日本画 F3)
     
     豊田紀代子( S40 法 )
 
<写真 >    
色のない秋景色     
     
       
箱根大涌谷  沖縄本部  豊後竹田     
駒ヶ岳に登る登山道から
振りかえりみる富士山
屋我地島に拡がる
サトウキビ畑へ落ちる夕日
岡城址からみる久住連山、
葉先の水滴が隠し味

     
吉田 素紀( S48 工)
 
     

     
                        <絵画>           令和元年 10月
早稲田大学 演劇博物館
(水彩 2F)
東京藝術大学 岡倉天心像
(水彩 F6)
金   魚
  (水彩 F6)
     
     小室 真知子  ( S53 文 )
 
<写真 >    
文化大革命の頃の中国にて     
     
         
 太湖にて 北京郊外  北京郊外
大学4年(昭和46年)の時に訪中した際の写真です。
当時は文化大革命の最中でした。ほぼ半世紀前の写真で
相当痛んでいますが、雰囲気は伝わると思います。
そして私は、何より歴史を感じています。
     
瀬川 隆二( S47 法)
 
     

     
                        <絵画>           令和元年 09月
Canal Cafe
(水彩画 F4)
上野奏楽堂 
(水彩画 F4)
新宿御苑 中の池 
 (水彩画 F4)
     
     松野 幸子 ( S42 文)
 
<写真 >    
ドロミテ(イタリア世界自然遺産)トレッキング(2019年8月)      
     
         
 アベラウ(2648m)と
アベラウ小屋
カティナチオ(2741m)の
山腹トレッキング 
 ヤナギランと広大な
アルム(牧草地)を望む
ドロミテはイタリア北部、オーストリアとの国境に位置していて、針の様な岩峰、対照的な
広大なアルム(牧草地)で有名です。今回は特徴ある3つのトレッキングルートを紹介します。

     
久保田 宏( S46 工)
 
     

     
                        <絵画>           令和元年 08月
スケッチの会の例会で描いた絵  
等々力渓谷内 等々力不動
(水彩 F4)
駒場東大隣の 旧前田邸 
(水彩 F4)
豪徳寺    山門 
 (水彩 F4)
     
     平野 精士 ( S31 法)
 
<写真 >   
江戸の面影を今に残す小江戸      
         
 川越のシンボル時の鐘 時の鐘を鳴らす仕組み   伝統的な蔵造りの町並み

尾本 愛子 ( S40 工 )  
     

 
                        <絵画>           令和元年 07月
水辺の街  
オンフルール 
(水彩画 F6)
ブルージュ 
(水彩画 F6)
アムステルダム
 (水彩画 F6)
     
     渡 辺 清 ( S37 経 )
 
<写真 >   
     
         
 ビエリヤ(スペイン・ピレネー)
アラン谷の風景
アイノアの家屋唐辛子の乾燥がすだれの様
 
 ガヴァルニール圏谷の散策

前田 昌信 (S35 工)  
     

 
                        <絵画>           令和元年 06月
 
天沼神社 
(水彩画 F4)
四面道 
(水彩画 F4)
タルン川(フランス)
 (水彩画 F4)
     
     大森 正幹 ( S36 経 )
 
<写真 >   
昭和記念公園にて
     
 
       
 太白(タイハク   松月(ショウゲツ   鬱金(ウコン)

昭和記念公園では染井吉野桜が散り、山桜や大島桜も開花のピークを過ぎる頃、
賑やかな栽培品種の里桜;「太白(タイハク)」「松月」「鬱金(ウコン)」等々10種類が
4月下旬まで咲き続けます(4月16日撮影)。
 
   
足立 英一 (S40 商)  
     

 
   




−戻る−   ページTOPへ

suginami-mitakai.com