杉並三田会ホームページ
杉並の風
 
 驚異的な嗅覚
 
勝呂 冠宇(H13 環境)
 
 僕はあまり意識したことが無かったが、妻に度々指摘されて驚異的な嗅覚の持ち主だと自覚するようになった。先ずは食べ物が腐ってるかどうかの判別だ。台湾育ちの僕としては食べる前に「大丈夫」かどうかを先ず匂いで判別していたが、どうやらアメリカと日本育ちの妻にはその能力が超人的に見えるらしい。台湾ではとにかく物が腐るのが早い。食べ物、牛乳、さらには水も、それぞれ腐った時の匂いが有る。それをどう学んだかって、それはもちろん一度(以上)は口に入れた経験があり、その驚異的な嗅覚時のパニックと恐怖と共に、不滅の記憶が形成されたわけだ。
   嗅覚に関してはNYで通ったフレンチの料理学校の先生たちにも指摘された。嗅覚にちょっと自信があったのだが、僕がナッツの缶を開けた瞬間、教室の反対側から「ナッツが古い!新しいのにしよう!」と先生に注意された時にはビックリした。超能力だ。超人的な嗅覚の僕でさえ、知らない匂いを判別するスピードはその特定な匂いを知っていて、排除しようとしている人には追いつかない。しかし台湾で無限の階調で嗅ぎ慣れているニンニクの火の入り具合の判別力は、フレンチ学部だったのにイタリアン学部の先生に転部のお招きの声がかかった程だ。
 2020年に日本に帰ってからは料理学校で嗅覚がかなりパワーアップしていたことに気づく。今まで考えたことが無かったが、善福寺川沿いをランニングしていると、犬猫が「いた場所」が匂いで判るようになっていた。(要はお小水の匂いだ)さらに、就活で面接に知らない街へ出向くと、「たくさんの人の匂い」がして、しばらく歩くと決まってアパートや団地に遭遇する。これは色々考えたが、未だ人類の幸せのために有効活用する方法が見つかっていない。
 料理学校でも教わったが、要はそれですね。先生に「お前の鼻は特殊だ、人類をもっと幸せにする為に役に立たせなさい」と言われたし、相手・お客様に愛情と真心を持って最善を尽くすこと。そうすれば嗅覚も含めて、もっと人類を幸せにできるかもしれない。
 


 
 
杉並の風バックナンバー
 2021.05    町会長は楽しい  下河内 隆士(S46 経)
  2021.04   『己書』と私  岩田 裕(S54法)
  2021.03   生誕地探訪  長島 昭 (S36 工)
 2021.02  フランス語の奇縁
 杉山 徹宗 (S40法)
  2021.01  新しい年を迎えて  秋葉 忠臣 (42工)
   2020.12   筋肉は裏切りません  前野 陽太郎  (S54 経)
  2020.11  “Keio Welcome Net (KWN)” の温もりを届けよう!  吉川 清(S32法)
 2020.10  スケッチの会5年生  三宅 正彦 (S52 経)
 2020.09 僕のたからもの  渡部 晃男 (S44商)
 2020.08  鉄道研究会卒  宮崎 泰児 (S47経)
 2020.07  コロナと二宮金次郎  林 明 (S43 商)
 2020.06   真向法体操  武居 弘泰(S37 法)
 2020.05  年寄の冷や水  曽我 一紀(S38 法)
 2020.04  インドに行ってきました 秋田 敬子 (H01 法) 
 2020.03  味と思い出  横田 順子 (S36 商)
 2020.02  「我が家の厩舎から 」  高山 恒男 (S43 法)
  2020.01  「未来の可能性を秘めた新年を迎えて」  服部 泰(41法)
 2019.12  ウィーンの夏  渡部 徹 (S47経)
 2019.11  手相を知ること  小林 ますみ (S57法)
2019.10  米国ドライブ旅行 鈴木 正隆 (S51工)
 2019.09  恩師からいただいた一冊の本 「海軍主計大尉 小泉信吉 小泉信三著  金井 宏之 (H51法)
 2019.08  「フィドル」と「ヴァイオリン」-同じ楽器?違う楽器?  西  守 (S45 経)
 2019.07  傾聴の精神  栗山 稔朗 (S40 経)
 2019.06  生き甲斐になったダイビング  山内 俊一(S41工)
  2019.05  人生100年のロードマップは描けたか  木村 雄二 (S45工)
  2019.04  銘仙に魅せられて  古後 利佳 (S56文)
 2019.03  テニス仲間とハワイへの旅  塙 耕平 (S44商)
 2019.02  船と私、日常とは異なる空間  加藤英一郎(S44 工)
 2019.01  良く学び、よく遊ぼう  服部 泰 (41法)
 2018.12  都会のオアシス  水本 陽子(H20法)
  2018.11  北海道 万歳!  岩田 雅之(S44商)
  2018.10 カントリーミュージックに親しんで60余年  松本 毅 (S41商)
 2018.09   九死に一生  市村 美知子(48工)
 2018.08  副代表を退任して  小田 伊津子(42文)
 2018.07  近田舎(ちかいなか)・秩父
 遠藤 富士夫(S48 法)
 2018.06  肥満は「現代の伝染病」
 古郡 鞆子(S40商)
 2018.05 「門前の小僧」お歌の手習い
 吉田 眞一郎(42法)
 2018.04  ナローボート運河の旅  野崎麻美子(S49文)
 2018.03  “60の手習い「ドラムス」”―ある本との出会い  中村 民平 (S44工)
 2018.02   私のチェロ人生  朝川慎一  (S40商)
  2018.01  新たな 第一歩を  服部 泰 (S41法)
  2017.12  御朱印との出会い  中村 隆 (S49工)
  2017.11  杉並三田会「スケッチの会」第12回グループ展   本間 博 (S37文)
 2017.10 米国ワシントン州との関わり   大久保 浩司 (S45 経)
 2017.09 クラシック音楽活動と日本の未来  大久保けい子(H6文)
  2017.08  ライデンとジン  竹下妙子(S40 商)
 2017.07  北米旅行-西部劇と思い出-  森下 尚 (S44工)
 2017.06  コップ半分の水  野沢聡子(S42文)
 2017.05  モンブラン登頂の思い出  岩崎 静江(S32 共薬)
  2017.04  私の歌の歩み 小島 常弘 (S41 商)
 2017.03  音楽サークル Musikverein 創立15周年の節目を迎えて  高橋 克(S49 工)
  2017.02  The sooner, the better  最上 徹 (S38 経)
 2017.01  創立25周年を迎えて  服部 泰(S41 法)
  2016.12   音楽は人生のパートナー
 伊部 雄介(S41 経)
  2016.11  スケッチの会第11回グループ展  本間 博 (S37 文)
 2016.10   身近な自然に癒されて  野角みどり (S46文)
  2016.09  夏のヨーロッパオペラ三昧  今井輝美(S48法)
  2016.08  善福寺川緑地の風景  上東野 治男(S45 法)
 2016.07  下の句を忘れないで 賀川 彰 (S45経)
 2016.06  余暇の楽しみ  中村 晴美 (S48共薬)
 2016.05  百名山と温泉の思い出  瀨川 隆二 (S47法)
  2016.04  私の杉並の風   中村  知好 (S45法)
  2016.03 花見とハイキング   田熊 利彰 (S44法)
 2016.02 ”水素は凄いぞ !!!   松浦正好 (S43経)
 2016.01  ”新しい年”をむかえて  深堀博義 (S40商)
 杉並の風アーカイブズ
    2006年1月~2010年12月
    2011年1月~2015年12月
    2016年1月~2017年12月


-戻る-   ページTOPへ

suginami-mitakai.com