杉並三田会ホームページ
杉並の風
 
 僕のたからもの
渡部 晃男 (S44商)
 
新型コロナ自粛で「断捨離」が話題になっている。僕も物を減らしたいが、もともとため込む性格だ。整理で出てきた宝物を紹介する。

◆「日本車輛の銘板」
車輛の妻(連結面の壁)上部に車輛製造会社の銘板がある(最近はシール)。慶應の鉄道研究会から日車に行った従兄に頼んで入手した。もちろん非売品、未使用。
◆「国宝金印のスタンプ」2001年に福岡市博物館で購入
金印は一辺2.3㎝、思ったより小さいが重量感がある。教科書で見たものが目の前に!…と感動していたら「これはレプリカです」の文字。残念。しかし博物館の売店でこのスタンプを見つけた。うれしかった。
底面がゴムのものがスタンプで実物(写真左)は文字の面も金。どこかで使おうと会社の机の引き出しに入れておいたが使う場がなかった。家でも使わない。
首里城で買った琉球国王印のスタンプもある。これも使ったことがない。
◆招き猫(1999年バンコクで入手/高さ9㎝)
2泊3日のバンコク出張。金曜夜発―工場で会議―月曜朝帰りで
出社。本社の部長の趣味だ。時間がないので現地の出向者に招き猫を買っておいてくれと頼むと、何年もタイにいるけれど見たことないという。ところがなんとホテルのショップにあった。日本のモノとは目や服が違うので現地製のようだ。
490バーツ、ホテルの朝食1週間分の買い物であった。
◆小さなアヒル(高さ7㎝)
20年ほど前に入手。たぶん子供のおもちゃ。おなかを押すとグエッグエッと8回×3度も鳴く。電池交換ができないので鳴かせるのは本当に必要な時だけだ。
◆往年の名指揮者アンドレ・クリュイタンスのサイン
1967年にパリ音楽院管弦楽団を率いて来日。フランス音楽を最高の指揮者と最上級のオーケストラで初めて聞いた夢のような夜。興奮した友人と3人で楽屋に並んだ。手が届くほど近くにサインしている巨匠の顔があった。
◆横浜中華街の小籠包キティ 2016年頃
小籠包の形で蓮華に乗るキティはトレードマークの耳すらない。しかし紛れもなくキティで紛れもなく小籠包。みごとな合体、ご当地キティの傑作。

他人から見ればつまらないものも時間の経過とともに宝化する。捨てられない者の理屈だ。そこで箱を用意した。箱に収まる範囲で残す。
箱はすぐ一杯になった。
 


 
杉並の風バックナンバー
 2020.08  鉄道研究会卒  宮崎 泰児 (S47経)
 2020.07  コロナと二宮金次郎  林 明 (S43 商)
 2020.06   真向法体操  武居 弘泰(S37 法)
 2020.05  年寄の冷や水  曽我 一紀(S38 法)
 2020.04  インドに行ってきました 秋田 敬子 (H01 法) 
 2020.03  味と思い出  横田 順子 (S36 商)
 2020.02  「我が家の厩舎から 」  高山 恒男 (S43 法)
  2020.01  「未来の可能性を秘めた新年を迎えて」  服部 泰(41法)
 2019.12  ウィーンの夏  渡部 徹 (S47経)
 2019.11  手相を知ること  小林 ますみ (S57法)
2019.10  米国ドライブ旅行 鈴木 正隆 (S51工)
 2019.09  恩師からいただいた一冊の本 「海軍主計大尉 小泉信吉 小泉信三著  金井 宏之 (H51法)
 2019.08  「フィドル」と「ヴァイオリン」-同じ楽器?違う楽器?  西  守 (S45 経)
 2019.07  傾聴の精神  栗山 稔朗 (S40 経)
 2019.06  生き甲斐になったダイビング  山内 俊一(S41工)
  2019.05  人生100年のロードマップは描けたか  木村 雄二 (S45工)
  2019.04  銘仙に魅せられて  古後 利佳 (S56文)
 2019.03  テニス仲間とハワイへの旅  塙 耕平 (S44商)
 2019.02  船と私、日常とは異なる空間  加藤英一郎(S44 工)
 2019.01  良く学び、よく遊ぼう  服部 泰 (41法)
 2018.12  都会のオアシス  水本 陽子(H20法)
  2018.11  北海道 万歳!  岩田 雅之(S44商)
  2018.10 カントリーミュージックに親しんで60余年  松本 毅 (S41商)
 2018.09   九死に一生  市村 美知子(48工)
 2018.08  副代表を退任して  小田 伊津子(42文)
 2018.07  近田舎(ちかいなか)・秩父
 遠藤 富士夫(S48 法)
 2018.06  肥満は「現代の伝染病」
 古郡 鞆子(S40商)
 2018.05 「門前の小僧」お歌の手習い
 吉田 眞一郎(42法)
 2018.04  ナローボート運河の旅  野崎麻美子(S49文)
 2018.03  “60の手習い「ドラムス」”―ある本との出会い  中村 民平 (S44工)
 2018.02   私のチェロ人生  朝川慎一  (S40商)
  2018.01  新たな 第一歩を  服部 泰 (S41法)
  2017.12  御朱印との出会い  中村 隆 (S49工)
  2017.11  杉並三田会「スケッチの会」第12回グループ展   本間 博 (S37文)
 2017.10 米国ワシントン州との関わり   大久保 浩司 (S45 経)
 2017.09 クラシック音楽活動と日本の未来  大久保けい子(H6文)
  2017.08  ライデンとジン  竹下妙子(S40 商)
 2017.07  北米旅行-西部劇と思い出-  森下 尚 (S44工)
 2017.06  コップ半分の水  野沢聡子(S42文)
 2017.05  モンブラン登頂の思い出  岩崎 静江(S32 共薬)
  2017.04  私の歌の歩み 小島 常弘 (S41 商)
 2017.03  音楽サークル Musikverein 創立15周年の節目を迎えて  高橋 克(S49 工)
  2017.02  The sooner, the better  最上 徹 (S38 経)
 2017.01  創立25周年を迎えて  服部 泰(S41 法)
  2016.12   音楽は人生のパートナー
 伊部 雄介(S41 経)
  2016.11  スケッチの会第11回グループ展  本間 博 (S37 文)
 2016.10   身近な自然に癒されて  野角みどり (S46文)
  2016.09  夏のヨーロッパオペラ三昧  今井輝美(S48法)
  2016.08  善福寺川緑地の風景  上東野 治男(S45 法)
 2016.07  下の句を忘れないで 賀川 彰 (S45経)
 2016.06  余暇の楽しみ  中村 晴美 (S48共薬)
 2016.05  百名山と温泉の思い出  瀨川 隆二 (S47法)
  2016.04  私の杉並の風   中村  知好 (S45法)
  2016.03 花見とハイキング   田熊 利彰 (S44法)
 2016.02 ”水素は凄いぞ !!!   松浦正好 (S43経)
 2016.01  ”新しい年”をむかえて  深堀博義 (S40商)
 杉並の風アーカイブズ
    2006年1月~2010年12月
    2011年1月~2015年12月
    2016年1月~2017年12月

-戻る-   ページTOPへ

suginami-mitakai.com