杉並三田会ホームページ
暇つぶし(臨時)
r
 【暇つぶし】のページ<家に蟄居している隠居老人の皆様のためのページ>    
 不要不急の外出は控える、密閉、密集、密接の、いわゆる3密は避けて、家に閉じこもる生活は誰もが初めてのことです。現役の皆様は、家族の安全確保と業務遂行のため、大変ご苦労されておられるとお察しします。
 一方、すでに現役を退かれた会員の「暇だ」、「退屈だ」と叫んでいる声が聞えてきます。
 この家に蟄居している隠居老人の皆様のために会員が毎日をどのように過ごし、どのような暇つぶしをしているのか、報告しあうページを作りました。お互いに参考になることが沢山あると思います。どしどし投稿してください。また、投稿に対するコメントも歓迎です。 ご苦労されている現役の皆様、お許しください。                            
                                      ホームページ委員会 
<投稿のやり方>
① ワードで作成  ② 写真添付歓迎 ③ 
実名は避け、ニックネーム、イニシャルなど、
④ 送付先 webmaster@suginami-mitakai.com   又は akirakagawa9898@gmail.com(作者名秘密希望の場合)

 なお、内容や大きさ(文字数)について、HP委員会判断で調整することがあります。ご了承ください。
  

NO28   
 
NO27  【私の自粛生活】 25日 Mucho 
 緊急事態宣言が発令された後、月の内2/3は予定が入っていた各種イベント、会合、宴会等は全て中止となり、毎日自由な時間が有り余っているので、私の自粛生活の楽しみ方をご紹介します。

 WOWOW等の番組から多くの映画やドキュメントを予約録画しておき、朝食後はコロナ情報の入手後は何本もの録画を観て楽しんでいる。 運動不足解消の為には腰にカメラをぶら下げて3時過ぎから家の近くの三沢川沿いにある桜とおりを上流に向けて30分コース(5000歩)か1時間コース(10000歩)を散歩をしながら三沢川に生きる生き物の写真を撮って、複数の友人達に公開している。
 今迄知らなかった多くの動物がおり、鯉の繁殖期の大騒ぎ、河の宝石と呼ばれるカワセミ、大型の亀、首が長く素早い動きのスッポン、カルガモの親子の成長、上流で出会った目の上に赤いアイシャドウを付けたお洒落な純白の白雪鯉等に会えるのが楽しみになり、散歩が日課になっている。
 帰宅後にはまだ日が高い内につまみを準備してソファーに座りながら冷たいビールを飲みながら録画してある「相棒」を観るハッピーアワーを楽しんでいる。
 
 緊急事態が緩和されたらテニスを再開して減量に努めたいと思っている。
     
 
NO26   【2枚のCD】  23日    小径のリス
首都圏の緊急事態宣言も先が見えてきました。閉じこもっている間に部屋の片づけ、物の整理などする計画だったのですがまだ手を付けたばかり。自由研究ができあがらないのに夏休みの終わりが近づいてきた気分です。いま部屋を片付けないと一生片づかないよ…と妻が言っています。 
自粛気分で黙々と片付けていると長く続かないからCDを聞きながら作業しています。大曲を聴くとどうしても音楽に気を取られて手が止まってしまうので、音楽と作業が両立する、つまり手は動かしているけれど時々は音楽にも気を取られる・・・というようなCDを聞きながらやっています。
その中からピアノ小品集のCDを2枚ご紹介します。どちらも演奏者がアンコールピースとしている曲で、いわゆる「名曲集」ではないから飽きることがありません。
 続けて聞かなければならないものでもないので、途中で止めてもいいし、気に入ったら手を休めて聞いても大した時間ではない、演奏者には申し訳ない気もしますがが、なにかしながら聞くのに適しています。
ひとつはカティア・ブニアティシヴィリ(1987~、ジョージア)の「マザーランド」。彼女は2017年にN響と協演しておりTVでも放映されたからご覧になった方もあるでしょう。その容貌でモデルをしているという話もあります。大きくテンポを落とす、ペダルを多用して時には音が濁ることも厭わないなど、いまのピアニストにはあまり見られない演奏をします。欧州での評価は二つに割れていて、ライブではかなり粗い演奏もあるみたいですが、私は新しいCDが出るたびにどんな演奏をするか楽しみにしています。
もうひとつはアレクサンドル・タロー(1968~、フランス)の「オートグラフ」。彼は粒立ちのいい、ガラスのようにクリアな音で弾きます。古い曲ではチェンバロのような響きも聞かせてくれます。
 家にこもってピアノを弾いていても中身があるものにはならない…といって自宅にピアノを置いていないという、いかにも現代的なピアニストです。緊急事態が解除されてもすぐに今までの行動には戻れないかもしれません。しばらく音楽を聴きながらの部屋片づけの生活が続きそうです。
NO25   【送電線を歩く】 17日  ここにもドングリ
一部で緊急事態宣言が解除され、東京もトンネルから出られそうな空気が広がっている。でも高齢者はまだしばらくは様子見かな?家の中で遊んでいるだけではよくないので、人が少なさそうなところを歩くことにした。
ただ歩き回るだけでは徘徊になる、と友人が言うのでテーマを決めて歩く。それは東京電力の送電線の鉄塔。鉄塔はアートだ。建物とは別の美がある。特に機能を絞り込んでデザインされた送電線の鉄塔は美しい。
送電設備は地中化されつつあるが杉並区にはまだ地上に立派なものが残っている。都立西高校裏の大宮前開閉塔、環8「中の橋」近くの高井戸変電所、永福町の北にある和田堀変電所など。
これらを地上の送電線が結んでいる。        左の写真:大宮前開閉塔2
基本は送電線や鉄塔を頼りに歩くのだが、送電線と道路は並行していないところが多いので、Googleマップの航空写真で鉄塔の位置を地図にプロットして効率的な道を探す。ついでにトイレのある公園もマークしておく。
上を向いて歩いていると周辺や足元がおろそかになる。なるべく前を見て歩くことに心がける。気がついたらパトカーが後ろにいたこともあった。それからは不審者と疑われた時のために免許証を携帯している。
次の目標は千歳変電所と杉並区から外れるが三鷹台変電所。これからはコロナだけでなく熱中症にも気をつけないと。        右の写真:和田掘変電所
NO24  【小話 3題】11日  素浪人
 
1、寿司屋のえび
客:板前さん、この海老は2週間前に戴いたもののように美味くないですね。
板前:変ですね、前回お出ししたのと同じ日に仕入れたんですけど。
 
   
2、ケチの金鎚
熊公:八ちゃん、ちょいと釘を打ちたいんでカナヅチ貸してくれないか?
八ちゃん:カナヅチが減るからいやだよ。
熊公:ケチ!仕方がない、自分の家のを使おう。
 
 
3、美術展覧会(造詣が深い奥様)
奥様:こちらはゴッホですね。あちらは何でしたっけ?
学芸員:あちらはセザンヌですね。
奥様:あーらそうですよね、度忘れしちゃいました。次のはピカソですね。
学芸員:いえ、奥様、それは鏡です。 
  千羽鶴
ようやく300羽
までになりました
参考 NO5、16 
NO23  【携帯で暇つぶし】 9日  tac
 5月8日は「声の日」だそうだ。初めて聞いた。車のナビやPC、携帯、家電などにもいつの間にか声で色々な作業が出来るようになっている。シニア層もいつの間にかその便利さを楽しみ始めている。自粛生活のおかげで新しいことに手を出す時間がとれて楽しい時間を送っている。
 今年の始め、新型コロナ感染症がまだ海の向こうの話題としか感じていなかった頃に私の携帯はいち早く反応?したのか調子が悪くなった。新しい物を購入したらAndroid OS自体もも進化していたが豊富な付属アプリにも驚かされた。いつものことだがその殆どは内容も確認していなかった。
 3月後半からシーズンが始まっていた各種大会が中止、延期が始まった。それに引きずられるように友人達と企画していたイベントも「世間体もあり」中止を決めた。有り難いことに時間が出来た。おかげで購入した携帯の付属アプリに目が向いた。
 一番面白かったのは最近、車等でもはやりだしている声で反応、多少の作業が出来るアプリだ。
携帯に採用されていたのは余り能力が高くないが、GPS変化、時間などの組み合わせで朝から晩まで挨拶やニューストピックスの紹介、メールのお知らせなどをしてくれる。能力が高くないので最初はその反応に戸惑ったが、言葉が分からないペットと思えば面白いと感じ始めた。これは昔のAIBOよりは進化しているようだ。
 iPhoneの機能を随分意識しているような気がする。 
新しい機能ではないがカメラ機能の中にQRコードを読み取る機能と同時に花木の判別をするものがある。これも以前のアプリよりもかなり進化している感じがする。早速試してみた。

写真は善福寺公園のつつじ?
認識した!!
公園の近くの井草八幡宮や中古車屋に並んでいる車も車種も認識した。学習効果は無さそうであるが楽しみ。
NO22   【私の日々の動き その2】 7日   水玉
5)世の中の動きに遅れぬ様に、仲間との勉強を兼ねた、Zoom online meeting。これが、意外や意外、楽しい! 
ホスト役は大変だがオンライン飲み会だって・笑。アドレナミン・アップ。改めて、学びの大切さを実感。
6)お天気の良い日には、ミニ・キャンプ。生活に変化をつけ、大人のお遊び・テラスに簡易テントを設置。テント内での、パソコン・ワークも気分が変わりナイス。夕方から、6mmの極厚鉄板をゴトクに乗せ、取り付けたガスに火をつけて、肉をジュウジュウ焼き、美味い美味い。これまた、楽し。ビールを飲み、食後は、夜空を見上げて、テント内にそのままごろん・zzz. 本当に気持ちがよろしい。(でも彼女は、何故か、テント内には入って来ない。)
 
NO21   【私の日々の動き その1】 6日   水玉
色々と計画していた予定がほぼ全てキャンセル、そこで・・、
1)断捨離。
これに相当の日数をかけ、書斎・寝室の書庫、全ての収納棚の整理を完了。書斎が、本当にすっきりし、使い易くなった~。彼女のヘルプに感謝。
2)彼女からのプレゼント本・玉村豊男著『毎日が最後の晩餐』・ウルチマチェーナ!の考えの下、毎日・ほぼ19:00からのBar Time(フランス・スペイン・イタリアの白ワインに、おつまみは、ハードチーズ他)。
メインは、2人で作る、肉か魚料理。後はボリュームたっぷりの野菜をグリルし。最後は、どんなに安いものでもいいから、食後のデザートは欠かさない。 2人で考える、デイナーのメニュー作り、それに伴う食材の準備段階から楽しい。(料理を作ろう会に参加のおかげ!)
3)楽器の練習は毎日。時間が十分にあるこの時期は、曲に入る前に、大事な基礎練習♬にたっぷりと時間をかけ、気持ちの上で余裕の練習を心掛ける。
4)一日・8,000~9,000歩の2人のウオーキングは、雨で無い限り欠かさない。途中に休憩場所・トイレ等がある場所を予め調べた上で、コースの選定をするのが、飽きないこつ。
                                NO22 【その2】 へ続く 
NO20   【ラブレター】5月5日  Old Madonna
 いつもは5月末に衣替えをするけど、ステイホームで暇だから、2日前、和服だけでも袷をしまい、単衣を出しておこうと嫁入り道具の和ダンスを開いたの。ふと、隠し引き出しに入れていた昔のラブレターを思い出した。ひもで縛った束が5つ、そう、5人分。
 一番古い高校時代のK君のレターを読んでみた。彼とのデートの光景が、その時の会話が、昨日のように浮かんできた。懐かしかったわ。井の頭公園の池の手すりに置いた手にそっと重ねてきた彼の手のぬくもり。顔を見ると白いほっぺが赤かった。思い出に浸っていたらあっという間に3時間。そしてレターは破って捨てました。楽しい暇つぶし、その上、この世に残せないレターの整理もできて一石二鳥よ。
 昨日は大学1年、日吉で付き合ったT君。当時、流行りのダンスパーティでぐっと抱きしめられ、唇が迫ってきたのをなんとかかわした。彼は少し子供っぽい。背が高く、まあまあの今の言葉でイケメンだった。でも2年で私が三田に移ったら、会う機会がなくなった。
 今日は年上のSさん。レターも多く、お付き合いも少し深いから、思い出は1日では無理、2日はかかるわ。残りの二人はもっと深いから、それぞれ3日ずつ必要ね。でも、内容はとても書けないわ。
 今の若い人たちは、ラブレターなんか書かないで、電話かメール、ラインでしょ。将来の楽しみがないわね。レターをとっておいてホントによかったわ。 
NO19  【暇・ボケ対策 その2】30日  チョイボケ
   家の中で熱中して細かいモノづくりをするのが、暇つぶしとボケ対策になるそうです。数年前に行ったバリ島で買ってきた凧のキットがそのままになっていたのを思い出し、それを引っ張り出して、2日がかりで組み立てました。
 近所の公園で揚げようとしましたが、凧が重すぎて無理でした。そういえば、バリ島の海岸は常時風が強く、この手の凧がいっぱい空を飾っていて見事でした。台風が来るのが楽しみです。さて、次は何を作ろうかな。 
 
 
NO18  【つれずれに】 30日  おばあちゃん
 コロナウイルスで二世帯家族五人、家に籠っているものの、互い家庭内でも密にならないよういしているせいか、あまりしゃべることがない今、昔のこと、祖父母、両親のことなど思い出すことが多く、この暇を持て余しているこのとき、書き留めてみようと思うこの頃です。
 母から聞いた祖先のこと、戦争時のこと、八〇年の間にやはり、多くのことがありました。孫達には想像もつかない生活があったこと、大空襲の時の火に囲まれ、息苦しく、その後の鍋屋横丁の焼け野原の光景など、思い出すこの頃です。、
 
NO17 【追加 都都逸】29日  素浪人 

 ・記者会見 ただ原稿を読むだけなのに 漢字の多さに泣きて震える

 ・補償金、あそうあそうと聞き流し 口をゆがめてルールもゆがむ

 ・パチンコ屋 並んでみたけど 悪の十字架(開くの十時か)

 ・もう幾つ寝ると お葬式 そろそろお迎え 来るコロナ(絶望のブルース)
NO16 【川柳のつもりが都都逸に】28日   素浪人 
・効きもせぬアベノマスクに上機嫌  たった二枚じゃ夜もねられず

・要請があっても店は閉めません  アベの奥様だけは来るから

・濃厚な接触なんぞがあったのは  あ〜あの頃ナそ〜その頃ナ

・つぶやいて指折りながら考えど  下手な川柳都都逸に

(HP委員会:千羽鶴 ホントに折ってたんだ  NO5を参照 )
NO15  【我慢の限界】26日   似たもの夫婦
私はもう我慢できない。5日前に決心したわ、夫を始末しようと。
新型コロナウイルスのため、外出できない生活。24時間一緒にいるなんて。それも毎日。コロナが広がる前は、家は同じでも、生活は別々で、顔はほとんどあわせなかったのに。
嫌いだった性格が私の神経を苛(さいな)むの、コロナウイルスが肺に突き刺さるように。
裏庭にある倉庫に道具を取りに入ったら、おじいちゃんが戦後に使ったネズミ退治の薬がビンに半分残っていたわ。あの薬は少しずつ飲ませると、7日で確実に死ぬはず。目の下に黒いクマが出るだけで、解剖しても絶対に分からないといっていたのを思い出したの。薬を半分そっと持ってきたわ。

今日で5日目、夫の料理にそっと薬を混ぜているの。夫は何か疲れているようで動きも鈍くなってきた。目の下にうっすらとクマができて。きっと、きっともうすぐね。
でも不思議なの。私の眼の下にもクマができているの。さっき用事ができて、倉庫に行ったら薬のビンが見当たらないのよ、で、何か体がかったるいわ。
 
NO14  【下手な川柳】26日     T.Y
・新コロナ 一発かかれば あの世行き
・女房から あの世で待つなと 言われけり
・陽性と 言われた途端 生き別れ
・この騒ぎ 外出すれば バイキンマン
・巣ごもりで 酒控え気味だが 太り気味
・花見客 なしの姿の 桃桜
・消え失せろ にわか批評家と 新コロナ
NO13   【ボケ防止のために その1 】22日   チョイボケ
 
自宅に籠れば、コロナ感染は防げるが、体力減退とボケが進むのが恐ろしい。近所の散歩と、体操で体力は維持しよう。さて、ボケ対策であるが、私は3つのことにチャレンジ中。その1つが中学入試問題を解くこと。(特に算数の図形問題が面白い)
ネットで「中学入試問題算数」を開くと有名中学の入試問題と解答がいっぱい。あるいは、灘中学入試問題のように、学校の名前を指定するのもよし。添付は灘中学の問題、(斜線部分の面積の和は) 今日で3日目、まだ解けません。それにしても小6の子供がこんな問題をやっているのかね~。

NO12   【プラレールを走らせる】20日       ここにもドングリ
家にプラレールがある。孫のために用意したものだ。レール12本、列車1編成というほぼ最小単位。たまにしか遊びに来ないのだからこれで十分、増やすならあなたのお小遣いで…と家内から言われていた。
ところがコロナウィルス感染拡大により宴会がなくなり思わぬ財源ができた。外出自粛でもレールはヨドバシに発注すればすぐ届く。今はレール約70本、ポイント4基、列車3編成の中規模鉄道会社に成長。自粛中で誰も来ないからリビングの床にレールの常設が黙認されている。写真の例は立体交差を入れて複雑にしたのでわかりにくいが、周回する2つのレールを2基のポイントでつないだもので全線を往復して走ることができる。
ここに2編成を走らせる。列車の速度に差があるのでストップレールを入れて待避線もつくった。これをうまく使って衝突しないように走らせる。
 レールは時々配置を変えたり追加したりする。これがたのしい。ただ走らせて遊ぶだけではないのが大人の遊び方だ。ちなみに車両単体を眺めるならNゲージ、走らせるならプラレール。
本当はこの予期せずに得た多くの時間に読みかけの本、ビデオ、CDを処理すべきなのだが、そこが非常事態。日常
の延長的なことはやる気がしない。非常事態が解除になるまでこれで遊ぼう。目指せ 近鉄!
NO11   【終活のチャンス 】19日  気儘人    
 自宅閑居は、終活の大チャンス。70余年の人生の溜まったものを、思い切って断捨離する毎日。どうせ、三途の川は、六文銭あれば渡れるし、天国ならば何もいらない、地獄なら何があっても役に立たない。残して逝けば、皆が迷惑、自分にとって大事なものでも、お金を除けば、他の人にはゴミ同然。捨てろ、捨てろ。
① 写真 1年1枚、1冊のアルバムに、電子化できればなおよし。
② 衣服 1年不使用は不要の証、ネクタイ3本、式服以外は背広は2つ、あとは遊び着。
③ 書籍 もう一度読むかもしれないはまず読まない。読みたければ区立図書館。
④ 友人 残る日々は少ない、波長が合わないなら無理して付き合わず、サヨウナラ。 
⑤ 連れ合い 粗大ゴミにはならないし、絞めるのはばれたらヤバイ はてどうするか。これが問題。
 
NO10  【下手な川柳】19日     閑居翁  
 <コロナについて>
・狭い家 おかげで夫婦は 密閉・密接   (狭いからドメスティック・ディスタンスが取れません)
・隠居には 不要不急の ことばかり
・「外出るな」 きっと子供が 増えるだろ  (NYでのブラックアウトを思い出しますが、私は心配ありません)
・10万円 国からもらう 手切れ金
・年齢 わからなくする マスク顔     (美人かなー)
・医者大変 落ちてよかった 医学部を

(HP委員会から  川柳を作って、送ってください。)   
NO9  【切手の整理】18日     T.Y      
 今から60数年前の私が小学校5年の時に切手ブームが起こり、その頃から切手蒐集が趣味となっている。最近は地方自治体が独自の“ご当地切手”を発売しているので、旅行先でも、ちょくちょく、買っている。その結果、膨大な切手が整理されないままの状態で我が書斎に保管されている。今回のコロナ騒ぎで、政府から外出自粛の指導がなされたので、少し、整理する気になった。といっても膨大な量なので、コロナ騒ぎが収束しても、とても、切手の整理は終わらないであろう。 ご当地切手 (クリック)
NO8   【YouTubeを楽しもう】18日      M.Y   
 暇つぶしにYouTubeで次の動画を見て楽しんでます。面白かったり、参考にしています。

①星野源と安倍晋三のコラボ
②星野源とその他の人たちのコラボ
③ppap-2020 -/ピコ太郎の手洗い
④木村拓哉のハンドウォッシュ
⑤森山良子の「あれあれあれ」(これは、大変面白い)

最後に、家族だけのLINEで「娘と星野源のコラボ」 (娘が自分で作成したもの)を毎日見ています。
NO7   【完全犯罪達成】                 怖いバァバ   
 断捨離、TV watching…飽きちゃいましたから、目下の楽しみは数年前にみたサスペンスの結末が気に入らないので、我が輩ならこうするぞ!と頭の中で書き直しています。
ナニ、筋は単純 DVの夫を完全犯罪を狙って殺すというだけ。問題は殺してからの遺体の始末ですからね、フッフッフ。実行はしないので、ご安心を!
NO6   【知事に逆らい、気ままに歩くこと】17日     我儘爺      
  4月15日(水)久しぶりの快晴、心が動いて、歩こう会の師匠とともに「3密」のない事を志し 千歳烏山のツツジを目指して歩き始めた。久我山から南へ東八道路を超え、中央高速道路を超え、世田谷区に入ったところ、住宅街の中に突然と、ツツジの花の咲乱れる200坪ほどの一角が現れる。ここが数年前から有名になった「西沢ツツジ苑」。
ツツジの花といえば 赤 白 黄色 が定番だが、ここはなんとピンク エンジ 紫 等々 濃い 薄い が 雑然と咲乱れ その見事な景色に 外から眺めたり、花群れの中に入り込んだり、していたら 、ここ数週間悩まされていた、心の悩みを解消してくれた。30分位あっという間にすぎた処で このところあまり食欲がなかったのに、すっかり空腹を感じ、最近 吉祥寺に開店した「しゃぶ葉」のうわさを聞き、コロナを気にしながら、飛び込むこととした。  到着したら、なんと、ソーシャルディスタンスを気にすることもなく、二人だけで充分の広さの中で、おいしい料理を楽しむことが出来た。
今日の歩行数は 1万3千歩、あちこちの筋肉の痛みも解消でき、やっともとに帰った感しきりだった。小池知事の宣言下 やや常識はずれの行動ですが「3密」から外れていましたので、お許しを頂けると思います。
       
NO5   【小説を読む】16日         素浪人   
 オウチの隅っこでひとり楽しく遊ぶには:小説を読むことです。
・お薦めはジョージ・オーエル著「1984」。
 この本は1948年に書かれた未来小説で4と8を入れ替えた、前世紀のベスト小説とも言われています。
 本来は現在のような状況が1984年に起こるとの予想。一国は一党により支配され、New-speakという
 単一言語を用いる。国民は在宅勤務でテレビで行動はすべて監視され、外出許可が要る。
 少数独裁者の思惑で号令一過、即座に国を動かすことができる。現在、総理や都知事の打つ手が
 遅れて後手後手に見えるのは本著で述べられるような危機を回避して、あくまでも民主主義的に
 事を運ぶべきとする歴史的教訓によるからだ、とも考えられます。
・ 文字が小さくて○○○ルーペがないからこんな本、読めない人には、こんなことに挑戦したらいかが。
 千羽鶴を折る、数独挑戦、けん玉、ジクソーパズル、リュービックキューブ等。
・受験英語で暗記した言葉で死ぬまでに一度は使いたいと思っていた言葉を言わせてください。
 It is a torture to do nothing, when there is nothing to do.
 (何もすることがないときに何もしないのは拷問である)
NO4   【興味を持つこと】16日             A.H 
引き籠り生活での楽しみ方は趣味を持つことです。
二宮尊徳の研究を始めて45年、私は1日10時間二宮尊徳の研究に費やしています。
朝の9時から夜の10時まで読書しています。
楽しくて時間のたつのの早いこと。あっという間に夜の10時です。 
NO3 【現役組の最近の気晴らし】4月16日       マッシュルーム   
現役です。自宅での仕事が増え、忙しくなりました。暇つぶしではなく、気晴らしについて報告します。
・Zoomでのテレワーク(普段見られない同僚の私服姿とか、部屋の風景が見られて新鮮です。)
・仕事中のBGM探し(自宅の作業環境だけでもカフェっぽくしようと思って、仕事の邪魔にならないBGMをあれこれ
 探しています。今日は、ジブリのボサノババージョンでした。)
・美味しいスイーツ探し(仕事のお供に必要です!最近のお気に入りは、「桔梗信玄餅どら」という、信玄餅で有名
 な お店が出しているどら焼きです。)
・週末は家事と録画してあるドラマ視聴(BSでやっているLes Miserableにはまっています。)
 GWに入ったらやりたいことは、
・積読になっている本(複数)の読破(「宮沢賢治の真実」「忘れられた巨人」の2冊を早く読みたいです。)
・プラモデル作成(24分の1のサイズのロンドンバスのプラモデル(いただきもの)が家にあり、作りたいのです…)

NO2   【足踏み】  4月15日             スヌ子   
 
暇つぶし? ごめんなさい。暇との闘いです。
引き籠り生活を、前向きに考えて過ごそうと思い、あれこれ頑張ったのは
最初だけ。
今は、何だか全てが面倒で、ダラダラとしているうちに1日が終わる。
そんな生活、良いわけがないのは、当たり前ですよね?
そこで、一念発起して、続け始めたのが1時間に1回の足踏み。
たった200回のみですが、やらないよりは良い。
って、言うか、それ以上やると、辛くてくじけそう・・・
そして、家の中を歩く時は、筋肉を使うスリッパ使用。
以上、思いっきり自己満足のお披露目でした。
NO1 【野菜栽培】【ネット】【HP】 4月15日      アンディ  
① 野菜栽培 
 庭で野菜つくりを始めました。昨年まで借りていた畑が今年から使えなくなりました。そこで今年は庭にプラン
ターを並べ、 野菜の苗を植えています。トマト、ナス、キュウリ、スイカなどです。夏が楽しみです。
② ネットであそぶ
 面白映像、衝撃映像、手品の種明かしなど(ウイルスのいそうなサイトはダメ)、無料ゲームを楽しんでいます。
 手品は孫が喜びます。ゲームは記録更新を狙い、新しいゲームにも挑戦しています。
③ HPをいじる
 暇つぶしのため、このページを作りました。皆さん、投稿してください。 

ギックリ腰のため、ゴルフの練習、散歩ができません。夏場に向けてダイエットを考えていましたが、逆に体重は
増加しつつあり、ウエストは大台を超えました。